検索順位チェックツール15選|無料版・有料版の機能を比較しました。

この記事を書いた人
りん
りんメディアディレクター

㈱Wooのメディアディレクター。BLOGUSを専任しています。 元副業ライター、現副業ディレクターです。 BLOGUSでは主にビジネス・恋愛・ブログに使える行動心理学について発信しています。本業は児童館の先生です。

副業ブームの昨今、ブログやライティングをはじめる方が増えています。

しかし、いざブログをスタートしてみたものの、こんな悩みが出てきませんか?

「なかなか自分の記事が検索されない…」

なぜ、自分で書いた記事が検索上位に上がってこないのでしょうか。

それは、検索順位チェックツールを使って、SEO対策をきちんと行っていないことが原因です。

今回は、検索順位チェックツール15選をご紹介。

チェックツールは無料版と有料版があるので、どんな違いがあるのかも詳しく解説します。

この記事はこんな人におすすめ

  • ブログ記事の検索順位を上げたい
  • 自分の記事をもっとたくさんの人に読んでもらいたい
  • どんなワードが検索されているか知りたい
  • 検索順位チェックツールをSEO対策に活用したい
  • 検索順位チェックツールの比較をしたい
りん
これから紹介するチェックツールを使ってブログ集客数をアップした方もいますよ。

この記事の監修者
ドム(工藤逸世)SEOコンサル&WPテーマ開発

㈱Woo代表。WordPressを魔改造してSEO戦争する人です。 WordPressプラグイン・テーマ「unify」開発者。 中央大学卒。元WEB系エンジニアでCMSやECサイト開発等をしてました。 2018年10月頃にブログ運営を開始。2020年独立し、2021年法人化。

検索順位チェックツール一覧

SEO対策にも使える検索順位チェックツールは、以下15つです。

  1. Google Search Console
  2. SEO TOOLS
  3. 検索順位チェッカー
  4. SEOチェキ!
  5. SEOピッシュ
  6. ohotuku.jp
  7. Serposcope
  8. unifyキーワード
  9. GRC
  10. Rank Tracker
  11. Nobilista
  12. BULL
  13. AZC
  14. Gyro-n SEO
  15. キーワードファインダー

これらの検索順位チェックツールを、無料版と有料版に分けて紹介します。

【無料】検索順位チェックツール7選

Google Search Console

Google Seach Console

引用元:Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)は、Googleが提供している分析ツールです。

Google Search Consoleの特徴

  • 検索順位やクリック数、クリック率など、詳細なサイトの状況が分かる
  • リンク数やページ、リンクの元サイトなども確認可能
  • 表示スピードが遅いURLを特定

検索キーワードの状況や流入してくる検索ワードのチェックが可能に。

これからブログや記事を作成する方にとっては、必須のツールとなるでしょう。

SEO TOOLS

引用元:SEO TOOLS

SEO TOOLSの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google/Bing
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで
  • 保存機能:なし

検索順位チェックやアクセス解析、被リンクのチェックなどもできる多機能なツールです。

また、SEO対策をする上で必要な用語や手順、ポイントなどがまとめられたリファレンスを搭載。

SEO関連の用語が分からないという初心者の方にも安心ですね。

検索順位チェッカー

検索順位チェッカー

引用元:検索順位チェッカー

検索順位チェッカーの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google/Yahoo/Bing
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで
  • 保存機能:あり ※CSV・Excel形式

検索順位チェッカーのメリットは、保存機能とCSVで検索結果を出力できる点です。

CSVで結果を残しておけるので、インターネットが使えない環境でも直近の検索結果をチェックできます。

SEOチェキ!

SEOチェキ!

引用元:SEOチェキ!無料で使えるSEOツール

SEOチェキ!

  • 対応している検索エンジン:Google/yahoo
  • パソコン対応
  • 調査する順位:Google⇒1~100位まで/yahoo⇒1~10位まで
  • 保存機能:なし

SEOチェキ!は、タイトル画面の上にあるタブでチェックしたい項目を選べるので便利です。

また、「Whois情報チェック」という機能があり、ドメインの登録者の情報が分かります。

対象のドメインがいつ登録されたか、どのくらい運用しているかなどを把握できる機能です。

競合するサイトのドメイン年齢をチェックすることは、そのドメインがどの程度強いかを把握する目安にもなります。

また、SEOを対策する上で重要なタイトルやH1タグ、メタキーワードなどもチェック可能。

無料ツールの中では十分な機能が備わっています。

SEOピッシュ

SEOピッシュ

引用元:SEOピッシュ

SEOピッシュの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能なし

SEOピッシュの特徴としては、初心者目線でコンテンツが作られていることです。

例えば、「SEO用語」というページをクリックすれば、多くのSEOに関する用語を解説してくれます。

また、サイト内でよくある質問に対する回答もまとめられており、知識を増やすことも可能。

ツールを利用中に分からない点や不安や悩みなどがあれば、質問と回答を見れば問題解決できます。

サイトにも載っていない質問や悩みがある場合は、問い合わせフォームも用意されていので、そちらで質問しましょう。

3営業日以内に運営側から返信がくるので、初心者でも安心して使用できますね。

ohotuku.jp

ohotuku.jp

引用元:ohotuku.jp

ohotuku.jpの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google/yahoo
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:Google⇒1~100位まで/yahoo⇒1~10位まで
  • 保存機能:なし

ohotuku.jpには、301リダイレクトが正常に働いてるのかを確認できる「リダイレクトチェック機能」があります。

また、コンテンツのキーワードの出現率をチェックできる機能も。

他にも、SEOに関する10つのチェック機能を使えます。

無料でここまでできるのは嬉しいですね。

Serposcope

Serposcope

引用元:Serposcope

Serposcopeの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで(任意で変更することが可能)
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能あり

Serposcopeは、チェックできるキーワードの登録数とサイト数が無制限。

そのため、多数のキーワードとサイトを一度に確認できます。

他の検索ツールは、キーワード数やサイト数に制限があるものがほとんどです。

無料ツールでここまでできるのは、とても使い勝手がよいですね。

半面、デメリットとしては、日本語対応していない点。

サイトは全て英語表記で日本語翻訳できないため、操作が難しいかもしれません。

【有料】検索順位チェックツール7選

unifyキーワード

unifyキーワード

unifyキーワードの特徴

  • キーワード管理やGSCトラッカー機能の使用がWordPressの投稿ページで完結
  • Google Search Consoleと連携することで、SEOの集客(キーワード周りの作業工数)を30%の削減を実現
1ヶ月プラン 年間プラン
490円(税込)/月 4,900円(税込)/年
SEOコンサル&WPテーマ開発
ドム(工藤逸世)のコメント
ドム(工藤逸世)

7桁ブロガーの私ドムが開発しました!

Google Search Console・GRC・キーワード管理の機能をいいとこ取りして、全部WordPressで見られます。

unifyキーワードは無料でも使用できますが、有料だとキーワードの制限がありません。

とにかくたくさんの方がブログ運営を楽にできるよう、有料でも1ヶ月ワンコイン以下に設定しました。

SEOコンサル&WPテーマ開発
ドム(工藤逸世)のコメント
ドム(工藤逸世)
使える機能についてさらに知りたい方は、こちらからご覧ください。
【作業時間30%削減】キーワード管理xGoogle連携プラグインをリリースしました!
【作業時間30%削減】キーワード管理xGoogle連携プラグインをリリースしました!
      キーワード管理や順位計測などを、WordPress上で一元管理できるようにするプラグインです。 弊…

GRC

GRC

引用元:検索順位チェックツールGRC

GRCの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google/Bing
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで(検索エンジンで選択)
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能なし
ベーシック スタンダード エキスパート プロ アルティメット
月払い料金 495円/月 990円/月 1,485円/月 1,980円/月 2,475円/月
年払い料金 4,950円/年 9,900円/年 14,580円/年 19,800円/年 24,750円/年
URL数 5 50 500 5,000 無制限
検索語数 500 5,000 50,000 500,000 無制限
上位追跡 5 50 500 5,000 無制限
リモート閲覧 利用可 利用可 利用可 利用可
CSV自動保存  ー  ー  ー  ー 利用可

2004年にリリースされてから、長期にわたって利用されている人気の検索ツールです。

有料版と無料版でキーワード登録数に大きな違いがあります。

しかし、ベーシック年間プランでも、利用料が4,950円とかなり安い金額で利用可能。

月に換算すると412円と、ワンコインもかかりません。

安くても機能が充実している有料版は、検索内容をより深堀りしたい方におすすめのツールです。

Rank Tracker

Rank Tracker

引用元:Rank Tracker

Rank Trackerの特徴

  • 対応している検索エンジン:世界の400以上の検索エンジンに対応
  • 調査する順位:1~1000位まで
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能あり
無料ライセンス PROFESSIONAL ENTERPRISE
$0円 $149円(約22,000円) $349円(約50,000)

Rank Trackerは、自分で書いた記事の検索順位を毎日自動でチェックしてくれるツールです。

ディズニーやアマゾンなど名だたる超有名企業でも使われているんです。

使い勝手の良さから、各国多くの方に愛用されています。

Nobilista

Nobilistaの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位
  • 保存機能:なし
  • クラウド型
パーソナルプラン ビジネスプラン エンタープライズ
990円/月(税込) 1,290円/月(税込)~

※キーワード数により変動

要相談

Nobilistaはクラウド型の順位検索ツールのため、パソコンを立ち上げなくても検索順位を確認できます。

URLを使って、スマホやタブレットでいつでも確認可能に。

また、検索順位に変動があればメールで知らせてくれる機能も。

設定すれば、常に最新の順位検索を確認可能です。

パソコンがない場所でも利用したいという方には、クラウド型のNobilistaがおすすめです。

BULL

BULL

引用元:検索順位チェックツール「BULL」

BULLの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google/Bing
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで(契約するプランによって異なる)
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能あり
  • クラウド型
BULL30 BULL50 BULL100 BULL200 BULL500
1,150円/月 1,850円/月 3,500円/月 6,550円/月 15,400円/月

BULLは、Nobilistaと同じくパソコン不要のクラウド型検索ツール。

月額料金が少し割高になりますが、他のツールよりも導入から利用まで操作が簡単です。

しかし、BULLはこれから徐々に拡張していく成長段階のSEOツール。

基本的な機能のみで、シンプルに使いたい方におすすめです。

AZC

引用元:無料順位チェックツールAZC

AZCの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google/Bing
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで(契約するプランによって異なる)
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能あり
  • クラウド型
50プラン 100プラン 200プラン 500プラン
2,980円/年 5,960円/年 11,920円/年 29,800円/年

こちらも、毎日自動で検索順位を調査してくれるツール。

クラウド型のツールの中では、一番安価で利用可能。

料金はチェックできるキーワード数やURL数に応じて金額が上がっていきます。

一番安い50プランであれば月額250円程度。

お金をあまりかけたくない方に向いているツールです。

Gyro-n SEO

Gyro-n SEO

引用元:Gyro-n SEO

Gyro-n SEOの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで(契約するプランによって異なる)
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能あり
  • クラウド型
スターター ライト スタンダード プレミアム
500円/月(3ヶ月無料) 4,500円/月 9,600円/月 16,800円/月

Gyro-n SEOは、日本の大手企業である損保ジャパンやイエノバなど、1000社を超える導入実績を誇っています。

競合サイトとの順位の比較やローカル検索、検索エンジンで高い評価を得るために必要なページ分析機能も。

無料版の登録キーワード数は10個までなので、本格的に利用する場合は有料版の導入をおすすめします。

キーワードファインダー

キーワードファインダー

引用元:KEYWORD FINDER

キーワードファインダーの特徴

  • 対応している検索エンジン:Google
  • パソコン・スマホどちらにも対応
  • 調査する順位:1~100位まで(契約するプランによって異なる)
  • 保存機能:あり ※エクスポート機能あり
  • クラウド型
スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ
100,000円/月(税抜) 50,000円/月(税抜) 200,000円/月(税抜)

キーワードファインダーは、ページ単位でSEO対策を採点してくれるSEOスコア機能搭載。

ベストなキーワードや流入数なども分析できるので、SEOの強化が期待できます。

ただ、月額料金は他のツールよりも、かなり高額です。

導入する際は7日間の無料プランを試して、自分に合っているかを必ず確かめるようにしましょう。

有料の検索順位チェックツールでも無料で試せる!

検索順位ツールの有料版でも、無料で利用できるものもあります。

りん
ここでは、有料版のツール内で使用できる無料の機能についてご紹介。

unifyキーワードの無料版

unifyキーワードは、「無料でも入れたおいた方が良いプラグイン」がコンセプト。

プラグインのダウンロード・利用も基本的には無料でできちゃいます。

有料版と無料版の違いは以下のとおりです。

ライセンスキーなし 有料ライセンスキーあり
キーワードディスカバー 投稿画面での表示キーワード数

1個

投稿画面での表示キーワード数

最大50個

GSCトラッカー 設定可能キーワード数

最大10個

設定可能キーワード数

最大1,000個

キーワード管理 設定可能メインキーワード数

GSCに連携するメインキーワード数

1個

設定可能メインキーワード数

GSCに連携するメインキーワード数

無制限

一見すると大きな違いがありますが、無料版でも全然使えます。

例えば、「美容〇〇」というキーワードをずっと使っていく場合。

メインキーワードは「美容」になるので、無料版でも十分です。

GSCトラッカーも10個のキーワードを追跡可能。

初心者の方やサイト数が少ない方にとって、無料版でも十分な機能を備えています。

GRCの無料版

GRCの無料版で使用できる各項目の制限数は以下の通りです。

URL数制限 3URLまで
キーワード数 10項目まで
上位追跡項目 2項目まで

簡易的なサイト運用であれば、無料版でも問題ありません。

しかし、本格的に収益化を目指している方には無料版では物足りなさを感じる可能性があります。

Rank Trackerの無料版

高い人気を誇っているRank Trackerは、無料版でも他ツールより使える機能が充実しています。

Rank Trackerの無料版で使える機能

  • ランキングキーワード
  • キーワードギャップ
  • Top Pages
  • ドメインの競合他社(一部制限)
  • トピックの競合他社(一部制限)

無料版でも十分使える機能が満載。

しかし、無料版ではキーワードの保存ができないというデメリットがあります。

検索順位をチェックするという目的であれば、やはり有料版にした方がよいでしょう。

Nobilistaの無料版

Nobilistaは、2022年1月から無料で使える「Nobilista Lite」をリリースしました。

Nobilista Lite(無料)で使える機能

  • ランキングキーワード(1日3回まで)
  • パソコン順位/スマホ順位
  • ランキングしているURL
  • 検索ボリューム・SEO難易度

無料版がスタートしてから、続々と新しい機能が追加されています。

今後も無料版で使える機能が追加される可能性もあるのでしょう。

BULLの無料版

BULLは、有料版と無料版で使える機能に差がありません。

有料版の機能が、トライアルで2週間無料になります。

無料期間終了後、自分に合っていれば購入するようにしましょう。

キーワードファインダーの無料版

キーワードファインダもBULL同様、有料版と無料版で使える機能に差はありません。

こちらは有料版の機能がトライアルで1週間無料。

まずは無料期間で試してみるのが1番です。

検索順位チェッカーは無料・有料どっちがいい?

検索順位チェックツールに料金の違いがあると、使用するサイトに迷いますよね。

結局どのサイトを使うか迷う方のために、無料ツール・有料ツールの違いを明確にしました。

無料ツールでできること

無料版でも検索するキーワードやサイトのURLを入力すれば、検索順位をチェックできます。

ただし、無料ツールでは検索できる数に制限があるサイトがほとんど。

数多くのキーワード・URLをチェックしたい場合は、手間と時間がかかってしまうのが難点です。

また、検索結果を保存できない無料サイトも多数。

検索結果や順位の推移などを別で管理する必要があるでしょう。

有料ツールでできること

有料サイトの特徴としては、契約するプランによって検索可能なキーワード数が増えるものが多いです。

特に自動チェック機能のあるサイトなら、ユーザーの計測や分析結果を手間なく取得可能。

競合サイトの分析ができるツールは、効果的なSEO対策と言えるでしょう。

順位の推移グラフを一覧で見られる有料版がおすすめ

日々変化する検索順位は、一日だけ見てもあまり意味がありません。

その日検索順位が良くても、以降ずっと検索順位が下がってしまっては、集客率の低下にも繋がってきます。

りん
そこで、検索順位の推移を継続的にチェックし、傾向と対策を打つことが大切。

検索順位の推移を一覧で見る機能が備わっている、有料版を使うことをおすすめします。

検索順位チェックツールの上手な選び方

SEO集客ができると、広告にお金を使わずにアクセス数を伸ばせます。

サイト運営者にとってSEO集客はとても大切です。

ここでは、SEO集客にも繋がる上手な検索順位チェックツールの選び方をお伝えします。

操作が簡単なものを選ぶ

いくら多くの検索機能や分析を備えていても、使い勝手が悪いツールではベストなSEO対策ができません。

ツールを選ぶ際は、自分が求めている機能があり、操作性が簡単なものを選ぶようにしましょう。

また、分からないことは質問や問い合わせがすぐにできるツールも問題解決に繋がります。

りん
初心者の方は、このような機能があるツールも選ぶうえで参考にしましょう。

確認したいキーワード数で選ぶ

検索したいキーワード数は、多ければ多いほどSEOには有効です。

しかし、そもそもサイトのページ数が少ないのであれば、そこまでキーワード数を増やす必要はありません。

調べたいキーワード数が少ない場合は無料版でも十分です。

今後サイトのページ数を充実させるのであれば、有料版を検討するようにしましょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • 検索順位チェックツールは、予算や目的、サイトの規模に応じて選択
  • 検索順位チェックツールの無料版から試し、機能を比較
  • 検索順位チェックツールを利用する環境によって「インストール型」「クラウド型」を選択

ブログやサイトの集客を増やしていく上で、検索順位チェックツールは必須。

キーワード検索や競合サイトとの比較をすることで、自分のサイトの弱点が見えてきます。

無料版・有料版・インストール型・クラウド型など色々な種類がありましたね。

りん
サイトの規模や金額の予算、目的に沿って選択するようにしましょう。

キーワード管理の作業時間を30%削減

 unifyキーワード

unifyキーワードは、WordPress上でキーワードを管理するプラグイン。

単純にキーワードを管理するだけでなく、Googleサーチコンソールとの連携によって、サイトの管理画面や投稿画面で順位を追えるのが魅力です。


キーワードの管理シートやGoogleサーチコンソールを、わざわざ別タブで開いて作業する必要は一切なし。

WordPress上で全て確認・編集ができるため、作業効率が上がり、よりブログ運営を快適にすることが可能です。

実際に弊社サイトで1年以上運用し、キーワード周りの作業時間を30%削減したプラグインに機能を追加して公開しました。


また、サイト設計強化や検索意図発見の機会が生まれるため、記事品質の向上のきっかけも生み出せます。


100%GPLライセンスを採用しているので、WordPressで作成されたサイトであれば、誰でもunifyキーワードを使用可能。


沢山の方に使っていただきたいので、無料でかなり多くの機能を解放しています。


ドム
リンク先から無料ダウンロードして、是非一度試してみてください!

キーワード周りの作業時間を30%削減する。

unifyキーワードは、ブログ運営の無駄を無くすために作られたWordPressプラグインです。

SEO対策