SEO META in 1 CLICKでSEO対策!機能と使い方解説【画像つき】

この記事を書いた人
りん
りんメディアディレクター

㈱Wooのメディアディレクター。BLOGUSを専任しています。 元副業ライター、現副業ディレクターです。 BLOGUSでは主にビジネス・恋愛・ブログに使える行動心理学について発信しています。本業は児童館の先生です。

SEO対策のためにあれもこれもとタグを開いて、チェックするには時間がかかってしまいますよね。

そこで、SEO META in 1 CLICKについて、機能や使い方を画像付きで解説。

競合サイトのSEO対策を時短で確認でき、自サイトの不足内容を確認することができる便利ツールです。

サイトの情報を1クリックするだけで、みることができます。

また、SEO META in 1 CLICK以外のSEO対策で有効な拡張機能もご紹介。

情報収集の時間を短縮することで記事作成に時間を使うことができるので、上位表記しやすくなりますよ。

りん
ディレクターのりんが、SEO対策と合わせてご紹介。

この記事の監修者
ドム(工藤逸世)SEOコンサル&WPテーマ開発

㈱Woo代表。WordPressを魔改造してSEO戦争する人です。 WordPressプラグイン・テーマ「unify」開発者。 中央大学卒。元WEB系エンジニアでCMSやECサイト開発等をしてました。 2018年10月頃にブログ運営を開始。2020年独立し、2021年法人化。

SEO META in 1 CLICKとは

SEO META in 1 CLICK

SEO対策に重要なデータを無料で収集できるGoogleCrome拡張機能

Webページの情報をワンクリックで解析できます。

SEO対策を行うあなたにオススメのサービスです。

りん
以下で、その便利な機能を見ていきましょう。

SEO META in 1 CLICKの機能

SEO META in 1 CLICKには、SEOに関わるあらゆる情報を簡単にチェックできる機能があります。

例えば、ディスクリプションの設定が漏れや見出しタグの構成(リズム)を確認できる機能です。

自サイトで活用したり競合サイトで活用したりと、さまざまな情報のチェックが可能です。

SEO META in 1 CLICKでは以下の6つの情報が確認できます。

  • Summary:サイト情報の概要
  • Headers:見出しのタグの構造
  • Imazes:画像のalt設定
  • Links:サイト内のリンク数
  • Sosial:SNSシェアの設定
  • Tools:外部ツールでサイトチェック
りん
確認方法を画像で解説します。

Summary(サイト情報の概要)

「Summary」では、タイトルやディスクリプションなどの概要を確認可能です。

Summary(サイト情報の概要)

  • Title…タイトルとタイトルの文字数
  • Description…ディスクリプションと文字数
  • Keywords…キーワード
  • URL…ページのURL
  • Canonical…正規のURL
  • Robots Tag…検索エンジンを制御するタグ
  • Author…ライター名
  • Lang…用語
  • H1~H6…見出しタグの数
  • Links…リンクの数

サイトに設定されているキーワードも確認可能です。

ページ全体の情報を確認できますが、主にタイトルとディスクリプショを確認するのに使います。

タイトルでは30文字以下65文字以上、ディスクリプションでは120文字以下320文字以上だと赤色で表示されます。

タイトルとディスクリプションの文字数が適正の場合は緑文字になるので、文字数を目安に調整しましょう。

Headers(見出しのタグの構造)

「Headers」では、見出しタグの構造が確認できます。

Headers(見出しのタグの構造)

見出しタグからは、サイトの構成を簡単にチェック可能。

自サイトや競合サイトで活用し、構造を抜きだして比較するのに使えるツールです。

見出しの並びを意識すると記事の読みやすさに繋がるので、構成を考えるときにとても便利ですね。

Imazes(画像のalt設定)

「Imazes」では、ページ内にある画像の数やaltの設定状況を確認できます。

  • IMAGES…表示されている画像の数
  • withoutALT…alt設定がされていない画像の数
  • withoutTITLE…画像のタイトルが抜けている数

alt設定がされているか一目で確認できます。

ここでは記事内のみでなく、サイドバー、ヘッダーやフッターなどページ全体の画像数が表示されます。

alt設定が漏れていると検索エンジンは、その画像がなにかを判断できません。

画像検索においても上位表示を狙う場合は必ずalt属性を設定しましょう。

ファイル名にカーソルを当てるとサムネイル画像が表示され、抜けている画像をすぐに見つけられるのがメリットです。

Links(サイト内のリンク数)

「Links」ではサイト内のリンク数を確認できます。

Links(サイト内のリンク数)

  • LINKS…総リンク数
  • unique…外部のリンク数
  • internal unique…内部のリンク数
  • without TITLE…タイトル属性設定の抜け数

Sosial(SNSシェアの設定)

「Sosial」ではSNSで設定する項目が記載されているか確認します。

Sosial(SNSシェアの設定)

SNSでシェアされたときに必要な情報が正しく表示されるよう、設定されているかを確認できます。

Facebookの表示内容

  • og:site_name…記事の名前
  • og:type…ページの種類
  • og:title…記事のタイトル
  • og:url…記事のURL
  • og:description…説明文
  • og:image…アイキャッチ画像
  • og:locale…使用言語

Twitterの表示内容

  • Twitter:site…Twitterのアカウント
  • Twitter:card…アイキャッチ画像

Tools(外部ツールでサイトチェック)

Tools(外部ツールでサイトチェック)

Toolsでは、外部ツールを使ってサイトの状況を確認できます。

  • Is your page is Mobile Friendly ?…スマホ対応のページになっているか
  • Analyze Performance with PageSpeed (Google tool)…サイトの表示速度
  • Analyze Keyword density with WMtips…ページ内のキーワード数

SEO META in 1 CLICKのインストール方法

SEO META in 1 CLICK

こちらのChromeウェブストアからインストールします。

すると、以下の画面が出てくるので、「Chromeに追加」をクリックしてください。

インストール方法1

その後下記の画像がでてくるので「拡張機能を追加」をクリックします。

インストール方法2

Chromeのバーに「Sマーク」のアイコンがでてきます。

インストール方法3
りん
これでインストールが完了です。

SEO META in 1 CLICKの活用方法

SEO META in 1 CLICKは自サイトでSEOに関する情報に漏れがないかを確認可能。

また競合サイトではディスクリプションや見出し構成がどうなっているか確認するのに役立ちます。

自サイトで活用

SEOに関する情報に漏れがないかを確認できます。

SEO META in 1 CLICKの自サイトでの活用

  • タイトル名とタイトルの文字数チェック
  • メタディスクリプションの文字数と文章を確認
  • 画像のALT設定に抜けがないかを確認
  • リンクが正しいか、リンク切れしていないかの確認
  • SNS対策の情報設定の確認

競合サイトで活用

競合サイトのメタディスクリプションや見出し構成はどうなっているのかを確認できます。

SEO META in 1 CLICK以外のオススメ拡張機能

SEO META in 1 CLICK以外のオススメ拡張機能を7つご紹介します。

  • Page Analytics
  • かんたん文字数カウント
  • Lighthouse
  • MozBar
  • METASEOinspector
  • Extract People also search phrases in Google
  • Ubersuggest

Page Analytics

Page Analytics

Page Analytics

Googleアナリティクスに画面を切り替えずに、情報を表示する拡張機能です。

手間が省けるので効率よく作業できます。

導入するとページ内のアクセス解析を簡単にできるので、サイトの改善に役立てましょう。

かんたん文字数カウント

かんたん文字数カウント

かんたん文字数カウント

テキストを選択すると、文字数を簡単に確認することができます。

記事をコピペせずに文字数が数えられるので、時間を有効に使えますよ。

Lighthouse

Lighthouse

Lighthouse

コンテンツのパフォーマンスをチェックできます。

サイトの課題点が把握できるので、コンテンツを改善してSEO対策を強化したいあなたにオススメです。

MozBar

MozBar

MozBar

競合サイトのドメインパワーなどを確認できる拡張機能。

ページやドメインの権威性を確認できます。

会員登録をすれば、無料で利用可能です。

META SEO in spector

META SEO in spector

閲覧しているページの、メタデータをページ上で確認できる拡張機能です。

改善が必要な場所は警告してくれるので、簡単に改善点をみつけることができます。

Extract People also search phrases in Google

Extract People also search phrases in Google

Googleで検索すると「他のキーワード」が表示されるため、関連キーワードを簡単に把握可能。

関連キーワードがひと目で確認できるので、検索者の意図を考察するのに役立ちます。

Ubersuggest

Ubersuggest

検索キーワードの量や広告のクリック単価の目安を確認可能。

Ubersuggestのサイトに飛ばずに拡張機能から知りたい情報を検索画面で得られます。

りん
情報を集める時間が短縮されるので、拡張機能の導入はオススメです。

まとめ

この記事のまとめ

  • SEO META in 1 CLICKとはSEO対策で重要なデータが無料で収集できるGoogleCrome拡張機能
  • SUMMARYではタイトルやディスクリプションなどの概要を確認できる
  • HEDERSでは、見出しタグの構造を確認できる
  • IMAGESでは、ページ内にある画像の数やaltの設定状況を確認できる
  • LINKSではサイト内のリンク数が確認できる
  • SOCIALではSNSで設定する項目が記載されているか確認できる

SEO META in 1 CLICKとは、SEO対策を行う上で必要な情報がワンクリックで確認できる拡張機能です。

自サイトでは記入漏れや画像のalt設定の有無を確認できます。

競合サイトからキーワードを選出したり見出しの並びをチェックが可能なので、SEO対策にはとても便利なツールだということが分かりました。

拡張機能は便利なツールですが、取りすぎると重くなってしまうので注意してください。

りん
時間が短縮された分、時間を有効に使うことができますね。

キーワード管理の作業時間を30%削減

 unifyキーワード

unifyキーワードは、WordPress上でキーワードを管理するプラグイン。

単純にキーワードを管理するだけでなく、Googleサーチコンソールとの連携によって、サイトの管理画面や投稿画面で順位を追えるのが魅力です。


キーワードの管理シートやGoogleサーチコンソールを、わざわざ別タブで開いて作業する必要は一切なし。

WordPress上で全て確認・編集ができるため、作業効率が上がり、よりブログ運営を快適にすることが可能です。

実際に弊社サイトで1年以上運用し、キーワード周りの作業時間を30%削減したプラグインに機能を追加して公開しました。


また、サイト設計強化や検索意図発見の機会が生まれるため、記事品質の向上のきっかけも生み出せます。


100%GPLライセンスを採用しているので、WordPressで作成されたサイトであれば、誰でもunifyキーワードを使用可能。


沢山の方に使っていただきたいので、無料でかなり多くの機能を解放しています。


ドム
リンク先から無料ダウンロードして、是非一度試してみてください!

キーワード周りの作業時間を30%削減する。

unifyキーワードは、ブログ運営の無駄を無くすために作られたWordPressプラグインです。

SEO対策