Search Regexの使い方を解説|正規表現の一覧やエラーの対処法もわかる!

この記事を書いた人
りん
りんメディアディレクター

㈱Wooのメディアディレクター。BLOGUSを専任しています。 元副業ライター、現副業ディレクターです。 BLOGUSでは主にビジネス・恋愛・ブログに使える行動心理学について発信しています。本業は児童館の先生です。

WordPressで記事を書いていて、ある単語を修正したいと思うとき。

上から1つずつ辿って直していくのは大変ですよね。

今回は、投稿した記事の内容を一括で置換できるプラグイン、Search Regexを紹介します。

Search Regexを使えば、そうした手間が省けるのでとても便利。

りん
WordPressのプラグインを解説している、私りんが解説します!

この記事の監修者
ドム(工藤逸世)SEOコンサル&WPテーマ開発

㈱Woo代表。WordPressを魔改造してSEO戦争する人です。 WordPressプラグイン・テーマ「unify」開発者。 中央大学卒。元WEB系エンジニアでCMSやECサイト開発等をしてました。 2018年10月頃にブログ運営を開始。2020年独立し、2021年法人化。

Search Regexの機能

Seach Regexとは

記事内のの文字列やタグ・URLを一括で検索・置き換えできるプラグイン。

文字列の置き換えは、Officeであれば「Ctrl + H」がその機能にあたります。

ただ残念ながら、WordPressには「検索・置換」の機能が備わっていません。

「Search Regex」を使えば、1つの記事だけではなくすべての記事に対して検索→置き換えてくれる機能があります。

Search Regexの使い方

 

では早速使っていきましょう。

以下の順でご紹介します。

  1. インストール・有効化
  2. 文字列を検索する
  3. 文字列を置き換える

注意

Search Regexを使って実際に文字列・単語を置き換える前に、必ずバックアップを取ってください。

このプラグインにはOfficeで使える「Ctrl+Z」の様な、一回した操作を元に戻す機能がありません。

①インストール・有効化

まずはインストールから。

WordPressメニューバーより「プラグイン」→「新規追加」を選択。

「Search Regex」と検索し、「今すぐインストール」→「Activate」→「有効化」で完了です。

Search Regexのインストールと有効化

これで、Search Regexが使えるようになりました。

②文字列を検索する

プラグインを有効化したら、実際に検索機能を使ってみましょう。

WordPress メニューバーから「ツール」→「Search Regex」をクリックすると、Search Regexのメニュー画面が出てきます。

Search Regexのメニュー画面

文字列の検索をしたい場合は、「Search」の欄に対象の単語・文章を入力して「Search」をクリックすればOK。

ここでは「食洗器」で検索しました。

Search Regexの検索機能

「食洗器」を含む記事がヒットしましたね。 該当箇所が黄色で表示されました。

③文字列を置き換える

②で検索できたら、次に置き換えてみます。

下の2項目に単語・文字列を入力。

  • Search…置き換える前の単語・文字列を入力
  • Replace…置き換えたい先の単語・文字列を入力
Search Regexの置換機能

「Search」、「Replace」に入力が完了したら、「Replace All」をクリック。 下の画像が出たら、置き換えは完了です。

置換完了の画面

置き換え前の単語・文字列を入れて「Search」ボタンを押しても、検索のヒット件数は0件になります。

Refreshボタンについて

Searchの入力欄に単語を入力してから「Search」ボタンを押し、その後に入力欄の単語を書き換えたとします。

その場合、「Search」ボタン表示が「Refresh」に変化。

「Refresh」ボタンを押すと、新しくSearch欄に入力された単語で再検索されます。

Search Regexのrefreshボタン

Search Regexで正規表現を使うには

Search Regexでは正規表現を用いた検索・置換機能も備えています。

りん
正規表現には慣れも必要なので、下記にて解説。

正規表現とは?

初めて聞いた方もいますね。

これは、文章の中に含まれる法則性やパターンを使って検索できる方法を指します。

りん
例えば、先頭が「りんご」で始まる文のみ検索・置換するといった具合。

他にも、文末が「りんご」で始まる文のみ検索・置換といった事もできます。

正規表現を使った検索・置換

さっそく使ってみましょう。

まずは「検索フラグ」の設定に、「正規表現」を追加。

見つけにくい方は、ゴミ箱マークの右下にあるので探してみてください。

Search Regexの正規表現1

ここでは、「夫婦」から始まる文章を検索するとします。

文章の最初が「夫婦」から始まるものだけを検索する場合、「^夫婦」と検索欄に入力すればOK。

「検索」ボタンを押すと、結果が出てきます。

Search Regexの正規表現2

正規表現リスト【一覧】

参考までに、正規表現で使う文字一覧を以下に掲載します。  

正規表現リスト
りん
使用例は以下のとおり。

正規表現の使用例

他の正規表現についてはGoogleアナリティクスHPに掲載されているので、ご参照ください。

正規表現(regex)について – アナリティクス ヘルプ (google.com)

Search Regexで置換できない時の対処法

しかし、Search Regexを使っても上手く置換できないときがあります。

検索結果に「何かがうまくいきません(Unexpected end of JSON input(SyntaxError)」と出てくる場合。

りん
対処法としては以下4つです。

  1. キャッシュをクリアする
  2. 一時的に他のプラグインをすべて無効設定する
  3. WordPressサイトヘルスを確認する
  4. 代替プラグインを使う

「④代替プラグインを使う」については、次の項目で詳しく説明しますね。

ここでは①~③についてご紹介。

①キャッシュをクリアする

キャッシュの種類には、下の2種類があります。

  • ブラウザのキャッシュ
  • プラグインのキャッシュ

ブラウザのキャッシュ

ブラウザのキャッシュをクリアする方法は、Google Chromeを使っているか、Edgeを使っているかで異なります。

 
りん
Google Chromeの手順は以下の通り。

  1. 画面右上のその他アイコンをクリック
  2. [その他のツール] 次の操作 [閲覧履歴を消去] を選択
  3. 上部で期間を選択。すべて削除する場合は、[全期間] を選択
  4. [Cookie と他のサイトデータ] と [キャッシュされた画像とファイル] の横にあるチェックボックスをオンにする
  5. [データを消去] をクリックし完了
りん
Edgeの場合は以下の手順です。

  1. 画面右上のその他アイコン「…」をクリック
  2. メニュー欄の「設定」をクリック
  3. 設定のメニュー画面が出てきたら、「プライバシー、検索、サービス」をクリック
  4. 少し下にスクロールすると「閲覧データをクリア」と出てくるので、「クリアするデータの選択」をクリック
  5. 消去したい項目を選択し、「今すぐクリア」で完了

プラグインのキャッシュ

プラグインのキャッシュには、以下が当てはまります。

プラグインのキャッシュ

  • ページの表示速度を早くするためのプラグイン(Autoptimize等)のキャッシュ
  • キャッシュ管理プラグイン(W3 Total Cache等)のキャッシュ

③WordPressサイトヘルスを確認する

WordPressのコードやシステムに起因するトラブルの可能性があるので、サイトヘルスを見てください。

メニューから「ダッシュボード」に行き、「サイトヘルスステータス」から「サイトヘルス画面」をクリックします。

WordPressのサイトヘルス

Search Regexの代替プラグイン

Search Regexと同じ機能を備えているプラグインに、「Better Search Replace」があります。

Better Seach Replace

表記も日本語になっているので、Search Regexが使いにくい人にはおススメ。

Better Search Replaceの機能や特徴は以下の通り。

  • 固定ページや記事内の単語・文字列を一括で検索し置換できる
  • 対象の単語や文字列が何か所ヒットし置換されたかプレビューできる
  • Search Regexでエラー表記が出ても、Better Search Replaceでは正常に動作する場合が多い

インストールし有効化すれば使えるので、お手軽ですね。

こちらのプラグインを使うときもSearch Regexと同様、事前に必ずバックアップを取ってください。
 

まとめ

この記事のまとめ

  • 「Search Regex」は、WordPressで書いた記事にある特定の単語・文字列を検索・置換するのに便利なプラグイン
  • 文章の先頭や、特定の規則を満たす文字列のみ検索・置換できる正規表現も使用可能
  • Search Regexを使っても置換できない時は、キャッシュのクリア・他プラグインの一時的な無効化などをすると有効
  • Search Regexの代替プラグイン「Better Search Replace」は、表記も日本語になっており分かりやすい

Search Regexは、WordPress内の記事に含まれる特定の単語を検索・置換できるプラグイン。

このプラグインは単語だけ検索するのではなく、正規表現を使えば文末のみに含まれるキーワードを抽出可能。

記事の特定の単語だけ置換したい、という場合にはおススメなので、ぜひ使ってみてください。

りん
記事の修正やリライトの効率を上げましょう!

キーワード管理の作業時間を30%削減

 unifyキーワード

unifyキーワードは、WordPress上でキーワードを管理するプラグイン。

単純にキーワードを管理するだけでなく、Googleサーチコンソールとの連携によって、サイトの管理画面や投稿画面で順位を追えるのが魅力です。


キーワードの管理シートやGoogleサーチコンソールを、わざわざ別タブで開いて作業する必要は一切なし。

WordPress上で全て確認・編集ができるため、作業効率が上がり、よりブログ運営を快適にすることが可能です。

実際に弊社サイトで1年以上運用し、キーワード周りの作業時間を30%削減したプラグインに機能を追加して公開しました。


また、サイト設計強化や検索意図発見の機会が生まれるため、記事品質の向上のきっかけも生み出せます。


100%GPLライセンスを採用しているので、WordPressで作成されたサイトであれば、誰でもunifyキーワードを使用可能。


沢山の方に使っていただきたいので、無料でかなり多くの機能を解放しています。


ドム
リンク先から無料ダウンロードして、是非一度試してみてください!

キーワード周りの作業時間を30%削減する。

unifyキーワードは、ブログ運営の無駄を無くすために作られたWordPressプラグインです。

Wordpressプラグイン