Public Post Previewの使い方|第三者確認に必須!下書き共有プラグインを解説

この記事を書いた人
りん
りんメディアディレクター

㈱Wooのメディアディレクター。BLOGUSを専任しています。 元副業ライター、現副業ディレクターです。 BLOGUSでは主にビジネス・恋愛・ブログに使える行動心理学について発信しています。本業は児童館の先生です。

ブログの記事作成にWordPressをお使いの方。

このようなお悩みはありませんか?

「特定の人に投稿前の記事を確認してほしい」

「パスワードを教えずに記事を見せる方法はない?」

正確な情報を発信するためにも、GOサインが出てから投稿したいですよね。

しかし、WordPress投稿前の記事はログインしないと閲覧できません。

そんなお悩みを解決できるのが「Public Post Preview」というプラグインです。

今回は、Public Post Previewの機能からインストールの方法、使い方まで画像付きで説明します。

りん
お悩みを一緒に解決していきましょう!

この記事の監修者
ドム(工藤逸世)SEOコンサル&WPテーマ開発

㈱Woo代表。WordPressを魔改造してSEO戦争する人です。 WordPressプラグイン・テーマ「unify」開発者。 中央大学卒。元WEB系エンジニアでCMSやECサイト開発等をしてました。 2018年10月頃にブログ運営を開始。2020年独立し、2021年法人化。

Public Post Previewの機能

Public Post Previewとは

「下書き」「予約投稿」「レビュー待ち」の記事を他者がログインなしで見られるプラグイン。

インストール後は、保存した記事のURLをコピーして相手に送るだけ。

りん
プレビュー記事を簡単に共有できる、ぜひ活用したいプラグインです。

Public Post Previewの使い方

Public Post Previewの使い方はとても簡単です。

  1. インストールの方法
  2. 記事を「下書き」で保存
  3. 外部確認を許可
  4. URLをコピー
  5. 共有相手に送信

以下順番に解説していきます。

①インストールの方法

プラグインタブから、検索窓で“Public Post Preview”を検索して、インストールします。

  1. 「プラグイン」をクリック
  2. 「新規追加」をクリック
  3. “Public Post Preview”で検索
  4. 「今すぐインストール」をクリック

Public Post Previewのインストール

インストール後は、プラグインの項目欄に“Public Post Preview”が表示されるので有効化しましょう。

Public Post Previewの有効化

②記事を「下書き」で保存

記事を作成したら、下書きを保存します。

記事の下書き保存

注意

「非公開」に設定していると下書き保存しても記事が共有できません。

「公開」に設定し、ステータスを「下書き保存」にしましょう。

③外部確認を許可

「ステータスと公開状態」から、「外部確認を許可する」にチェックを入れましょう。

外部確認を許可する

許可すると、投稿一覧で「外部確認」と表示されるようになります。

なお、外部確認を無効化したい場合は、チェックをオフにしましょう。

④URLをコピー

「外部確認を許可」にチェックボタンをオンにすると下記にリンクが生成されます。

このリンクが下書き保存した記事のURLです。

URL横のマークからコピーできます。

URLをコピー

⑤共有相手に送信

送信方法は、リンクを添付してメール等で送るだけ。

共有相手は、下書きの記事をブラウザ上で見ることができます。

実際送信されたURLをブラウザにコピペすると、以下のようにプレビュー記事が表示されます。

URLをブラウザに貼り付け

プレビュー記事の表示

PCやスマートフォンでも閲覧でき、WordPressにはログイン不要です。

Public Post Previewの有効期限に注意

Public Post Previewで作成したURLの閲覧は、デフォルトで有効期限が設けられています。

URLを開いたら48時間後にはリンク切れになる設定です。

また、このプラグインでは時間変更ができません。

りん
ですが、解決方法があります!

Public Post Preview詳細のFAQに、以下のような投稿があります。

Public Post PreviewのFAQ

Public Post Previewの有効期限を延長する手順は以下。

  1. function.phpに直接書き込む
  2. Public Post Preview Configuratorをインストールする
りん
以下で見ていきましょう。

① function.phpに直接書き込む

function.php内の最下部にプログラムを入れると延長が可能です。

function.phpに書き込む

上記「return 60*60*24*5;//5days」(秒×分×時間×日)の部分を好きな時間に変更できます。

②Public Post Preview Configuratorをインストールする

Public Post Preview Configuratorというプラグインで、簡単に有効時間を変更できます。

Public Post Preview Configurator

phpに直接書き込むのが不安な方は、Public Post Preview Configuratorを使用した方が簡単。

有効化を実行した後、「setting」から変更したい時間を入力すると延長・短縮が可能です。

Public Post Preview Configuratorの時間の編集

まとめ

この記事のまとめ

  • 「Public Post Preview」は、投稿前の記事をログイン不要で外部の人に見せられる便利なプラグイン。
  • 「Public Post Preview」で作成したURLの有効期限は48時間。
  • 「Public Post Preview Configurato」を同時にインストールすると、記事の有効期限を変更できる。

「Public Post Preview」は、クライアントも自身も非常に効率が上がるプラグインです。

記事を共有する際は、有効期限があることを忘れずに伝えましょう。

URLの有効期限を変更したい場合に備え、「Public Post Preview Configurator」も一緒にインストールしておくのがおすすめ。

りん
ぜひ活用して作業の効率化を図りましょう。

キーワード管理の作業時間を30%削減

 unifyキーワード

unifyキーワードは、WordPress上でキーワードを管理するプラグイン。

単純にキーワードを管理するだけでなく、Googleサーチコンソールとの連携によって、サイトの管理画面や投稿画面で順位を追えるのが魅力です。


キーワードの管理シートやGoogleサーチコンソールを、わざわざ別タブで開いて作業する必要は一切なし。

WordPress上で全て確認・編集ができるため、作業効率が上がり、よりブログ運営を快適にすることが可能です。

実際に弊社サイトで1年以上運用し、キーワード周りの作業時間を30%削減したプラグインに機能を追加して公開しました。


また、サイト設計強化や検索意図発見の機会が生まれるため、記事品質の向上のきっかけも生み出せます。


100%GPLライセンスを採用しているので、WordPressで作成されたサイトであれば、誰でもunifyキーワードを使用可能。


沢山の方に使っていただきたいので、無料でかなり多くの機能を解放しています。


ドム
リンク先から無料ダウンロードして、是非一度試してみてください!

キーワード周りの作業時間を30%削減する。

unifyキーワードは、ブログ運営の無駄を無くすために作られたWordPressプラグインです。

Wordpressプラグイン